池袋の日本酒居酒屋バー、隠れ家個室でおしゃれでおいしいと人気の【かずとら】

池袋の日本酒居酒屋バー、隠れ家個室でおしゃれでおいしいと人気の【かずとら】

新着情報

2018-10-12 15:46:00

<<新着&一押し情報>>

■かめ仕込み 野うさぎの走り■

 

今回ご紹介するのは、米焼酎、こちらのコラムを毎回読んでくださる方からは、どうもかずとら店主の「チョイス」は米焼酎びいき、と言われてしまうかもしれない(笑)。

 

まず、この焼酎の兄弟に、「百年の孤独」があることを先にご紹介したいです、その方がこのお酒をイメージするのが簡単になると思います。百年の孤独に関しては、素晴らしい出来の麦焼酎で、プレミア焼酎として今更説明はいらないかもしれない程ですね。同じ蔵元さんから出されている、一風変わった米焼酎が、今回ご紹介する、「かめ仕込み 野うさぎの走り」です。

 

いろんな米焼酎がありますが、一言でいえば米焼酎を楽しむ方が大切にする「甘み」を強く感じることができるお酒です。

 

この焼酎のお薦めな飲み方は、ずばりストレートです。40度近くあるアルコール度数で、よく冷やすと注いだ時の質感が、とろっとする。何か他のお酒に似ていないでしょうか。そう、テキーラです。もちろん似ているから、テキーラのような飲み方をお薦めするわけではありません。かめで長期貯蔵されている間に、取り込んだ旨味というか、この焼酎の他にはまねのできない個性を、一番感じながら味わえるのが、ストレートだと思うからです。キンキンに冷えた野うさぎの走りをストレートグラスに注いで、ゆっくり、少しづつ飲めば、この酒「この野うさぎの走り」の方から、呑み手にこのお酒の説明を丁寧に語り掛けてくれるような感覚になるお酒です。

 

もちろん、いろんなお酒の楽しみ方がありますし、いろいろ試していただくのが一番です。こんな個性を持ったお酒があるんだよ、そう知っていただければ、それだけでお酒の方だって満足でしょう。

 

それから、このお酒、是非ボトルを見ていただきたいです。シンプルな形状でありながら、瓶に対して中心ではない注ぎ口、ひっくり返したときにはじめて目にする、隠れているキャラクター。お酒と同じくらい遊び心満載です。野うさぎの走りのボトルをご覧になりたい方、このお酒をご注文いただいた際に、是非スタッフに声をかけてくださいね。喜んでお席までお持ちします!そうこうしていると、きっとこのお酒のファンになってしまっているのです(苦笑)。