池袋の日本酒居酒屋バー、隠れ家個室でおしゃれでおいしいと人気の【かずとら】

池袋の日本酒居酒屋バー、隠れ家個室でおしゃれでおいしいと人気の【かずとら】

新着情報

2018-08-11 15:12:00

<<新着&一押し情報>>

■本格米焼酎 皇紀玄武

 

米焼酎を、もっともシンプルに説明すれば、「日本酒を蒸留したもの」が米焼酎です。米焼酎は、純米酒から出来ています。清酒のほのかな香りが残り、奥深いまろやかな味わいが楽しめるお酒です。米食をベースにする日本人にとって、米焼酎が馴染み深いのはしごく当然なことなのです。

 

また、米焼酎が面白いのは、その他の主要原料の焼酎には、例えば黒糖焼酎が奄美大島であるように、原料による地域性が出るのですが、日本酒を作る酒蔵がこだわりの米焼酎を作るケースが増えたため、全国各地で美味しい米焼酎が生まれています。

 

 さて、6月のかずとらの招待選酒に「写楽」が登場していたことを記憶していただいているお客様も少なくはないと思います。皆様に楽しんでいただきました、福島は会津の日本酒です。そう、写楽の兄弟酒とも呼べるのが、今回ご紹介する本格米焼酎「皇紀玄武」なのです。

 

 まず、香りはそのまま清酒の香り、日本酒好きにはたまらない「アレ」です。こちらの焼酎もまた、洋酒のように、ロックや少々の加水において飲んでいただけたら、米焼酎の面白さが伝わり、その世界に引き込まれていきます。暑い真夏に田圃を渡る風が、一時の清涼を感じさせてくれるように、味わった後にのどを通る皇紀玄武には、涼しささえ感じます。そういう意味では、最も夏が似合う焼酎と言えるでしょう。